NEWS.BLOG

ブログ

おがたまのシンボル “おがたまの木”

先日、「おがたま」の正面玄関におがたまの木が植えられました!

 

そして、おがたまの木と共に標石も建てられました。

        dsc_0037

  

素敵なご縁をいただき、奈良・吉野の植木職人の方に植樹して頂きました。

その職人の方は、木が心底お好きで、木や植物のことを熱心に勉強されており、

私達の知らない木の生態や、本来あるべき植物や木々・山々の在り方について

教えてくださいました。

それは、本当に感心する内容ばかりでした。

 

おがたまの奥に位置する「然」というスペースは、“自然”の場所にしたいと考えており、

そのスペースもその植木職人さんのお力をお借りして、現在工事中です。

完成した際には、是非お越しください。

 

そして、標石の“おがたま”は、敢えて色や凝った文字にはせず、

自然のままのシンプルな彫りにして頂きました。

 

ストンと心に落ちる、そんな「おがたま」になりました。

 

今まで目印となるものがなかった正面玄関が、

おがたまの木と標石のおかげで、とても清々しい空間になりました。

お越しの際は、この木を目印にしていただければと思います。

 

 

 

おがたまはギャラリー 10:0017:30 OPEN

レンタルスペース10:0020:00までご利用頂けます。

 

お問合せは、メール(info@ogatama-nara.comもしくは、

お電話(0742-93-5033)にてご連絡していただけます。

 

お気軽にお問合せくださいませ。

ブログ

おがたま ギャラリー“常”

「おがたま」には、ギャラリーがございます。

“常”とかいて、“なら”と読みます。

 

当ギャラリーは、「水」をテーマにしています。

水、それは生命の源であり、いつの時代も変わらず流れ続け、

私達の命を繋いでくれています。

それは、「常」=変わらないもの であり、私達は気付かぬ、考えぬうちにその恩恵を受けています。

そんな水への感謝の意を込めて、ギャラリー“常”は始まりました。

(テーマを「水」にするに至った理由は、改めてご説明させて頂きます。)

 

万葉集では、奈良のことを「常」の字で表記されていることから、

水とならの融合の象徴として“常”と名付けました。

 

ギャラリー内には、オーナーが水からインスピレーションを受けた

中村清六先生の作品を常設展示しております。

是非ご覧ください。

ブログ

おがたまとは

「おがたま」と聞いて、どのようなものか思い浮かばない方がいらっしゃるかもしれません。

 

おがたまは、木の名前です。

 

1円玉の裏の模様、神前に供える玉串に使われている葉、と言えば

ピンとこられるでしょうか。

 

モクレン科の常緑高木で、4月頃になると小さな可愛らしい白みがかったお花が咲きます。

10~15メートル程に成長し、樹齢数百年を閲した木には、20メートル以上になるものもあります。

 

来週、当施設にも正面玄関におがたまの木を移植する予定です。

おがたまの木が大きく成長するとともに、

「おがたま」も日々変化・進化していけたらと思っています。