NEWS.BLOG

6
ブログ

”宇宙”を聴く。

昨日、無事に杮落とし「雅楽奉納会」を終えることができました。

 
私自身、間近で雅楽をみるのは初めてでしたが、
とても素晴らしい時間を過ごすことができました。

 

 

管弦曲「越天楽」と、舞楽「蘭陵王」を奉納頂き、

さらに最後には、実際に楽器に触らせて頂く時間も作ってくださいました。

 

 

 

1    %ef%bc%93 4

 
奉納会で、市比賣神社の飛騨様から、
雅楽は「宇宙を表している」というご説明がありました。

 

笙は、「天から差し込む光」。
龍笛は、「空を舞い立ち昇る龍」。
篳篥は、「地上にこだまする人々の声」。

 

天・空・地が合奏することで、“宇宙”を表しているのです。

 

 

笙の17本の竹管から出る和音は、天から神様が降りてこられるような神々しさがありました。

前日の雨が上がり、朝には晴天となり太陽から暖かい日差しが広がっていたのが、
なんだか笙の奏でる光のようにも感じました。

 

龍笛の乾いた高音は、まさに龍が昇天していく様が目に浮かぶようでした。

 

メロディの中核となる篳篥の力強い音色は、

私たちの声が幾重にも重なって轟轟と響いているようでした。

 

 

 

我々の想いを、天高く、色々な方に響かせることができるような、
そんな清々しくも、身の引き締まる奉納会でした。

 

 

 

「おがたま」の始まりである、井戸。
そしてその井戸をお守りくださる神様。

 

その井戸の神様への感謝の意を込めた
雅楽奉納をしてくださった「いちひめ雅楽会」の皆さま。

 

私たちの想いを「おがたま」という形にしてくださった関係者の皆さま。

 

そして昨日ご参加いただいた皆様。

 

 

改めて「おがたま」は、たくさんの良いご縁で成り立っているのだと実感致しました。

 

 

オーナーが杮落とし冒頭にも申し上げましたが、
「おがたま」にとって、12月5日が本当のはじまりであると思っています。
これから、今まで温めていた想いを、形にしていきたいと思います。

 
改めまして、「いちひめ雅楽会」に皆さま、ご参加いただいた皆様、
本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

おがたま はギャラリー 10:00~17:30までOPEN、
レンタルスペース10:00~20:00までご利用頂けます。
→レンタルスペースのご予約はこちら

 

お問合せは、メール(info@ogatama-nara.com)もしくは、
お電話(0742-93-5033)にて承っております。

 

お気軽にお問合せください。

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><